ダイエット、下半身痩せには食事療法で攻める!

投稿日:2016年11月8日 最終更新日:2018年3月30日

下半身痩せには食事療法が不可欠って本当?

 ダイエットして順調に体重は減っているけど、下半身はデブのまま!!
 こんな時は身体の中から下半身痩せに効く食事療法で攻めましょう!

下半身痩せには具体的にどんな事をしたらいいの?

 ①身体を温めるものを食べる
 mittens-1177211__180.jpg
下半身太りには冷えは禁物です!
マクロビオティックの考え方では、身体を温めるには寒いところで穫れたものを食べるといいと言われていて、
砂糖ならきび砂糖のように温かいところで穫れたものよりも、甜菜糖のように寒い地方で穫れたものの方がは身体を冷やさないようです
カボチャ、玉ねぎ、根菜類も良いでしょう
ご飯を食べるときにはお味噌汁やスープを添えてあげるだけで全然身体の温まり方が違います
飲み物も冷たいものよりも常温もしくは温かいものを飲むようにしましょう!

②塩分のあるものを少なくする

salt-51973__180.jpg
全ての料理の味付けを薄く心がけると下半身痩せにつながります。
塩分に含まれるナトリウムは身体の中に水分を溜め込みやすくしてしまいます。
塩分はカロリーがほとんどないはずなのに不思議ですよね!
だいたいお酒のおつまみになるものは塩分が高いです。
ナッツ類はノンソルトのものを買いましょう。
ビーフジャーキー、さきいかのような燻製、サラミやカルパス、アンチョビ、塩辛、
辛子明太子、スモークサーモン、ベーコン、チーズ鱈、ブルーチーズなどチーズ、
上げたら沢山出てきますね
これらの食品が好きな方はなるべく控えましょう。

③カリウムが沢山含まれている食品を摂る

vegetables-1566051__180ピーマン
下半身のむくみを取るにはカリウムを含む食品を摂る事が重要です。
ミネラルはカリウムとナトリウムのバランスが非常に重要ですが割合的には、
カリウム1に対してナトリウム0.6です。
一日の摂取量の目安は2000mg~2500mgです。
カップ麺などの裏を見てみてください カリウム1に対してナトリウムの割合が10以上だったりして驚きます!
カリウムが多く含まれる食品は
カボチャ、さつまいも、きゅうり、ホウレンソウ、バナナ、レーズン
メロン、キウイ、ささみ、海藻、きのこ、卵、豆などに含まれます。

④合成着色料、化学調味料は控えめに

pick-and-mix-171342__180okasi.jpg
レンジでチンすればいいようなお惣菜や、ウィンナーやハムなど加工食品には、化学合成添加物が含まれていて、肝臓にとても負担をかけてしまいます。
 
ハムやウィンナーのパッケージの裏を見ると、沢山の添加物が含まれていてゾッとします
ハム、ウィンナーが好きな方は無えんせきの鮮やかな色がついてないものを選ぶようにしましょう。
色がカラフルなグミやキャンディ、コンビニエンスストアの菓子パンなども添加物が含まれていますのでなるべく控える事が大事です

⑤お菓子を食べるなら果物で

lemons-1405448__180.jpg
スーパーで売られているようなお菓子にはだいたい白いお砂糖がふくまれています。
精製されている白いお砂糖が入っている、市販のカラフルなパッケージに入っているお菓子は
ほとんど糖分だけなので、
エネルギー合成に必要な
パントテン酸、ビタミンB1、B2、ナイアシン、B6、B12、ビオチンなどが全く含まれていないので、エネルギー代謝につながりません。
 
例えば市販のお菓子100キロカロリーのものを食べるのと、果物を100キロカロリー分食べるのは、栄養分の質が全然違うので、断然果物で糖分を摂った方がよいのです!

おすすめな果物は、りんごや柿、すいか、いちじくなどです。

スポンサーリンク

⑥たんぱく質は多めに摂りましょう

よく身体を鍛えている方のイメージは、
鶏のささみにゆで卵の白身、白身のお魚、豆腐などを食べている姿を想像しますが、
どれもタンパク質が豊富で下半身痩せには最適です。
 
これらの食材のタンパク質には身体そのものを作る作用があり筋肉や爪、髪の毛なんかにも
タンパク質は欠かせません。
 
タンパク質が不足してしまうと脂肪を燃やすエネルギーが足りず筋肉を作る事ができないので下半身太りしたままになってしまいます。
 
1食で手のひらほどのアミノ酸をたっぷりと含んだタンパク質は欲しいところです。
 
脂身の少ないお肉、淡泊なお魚、ゆで卵一日二個、豆腐や納豆、など納豆ご飯(ご飯は雑穀米)
に豆腐とわかめのお味噌汁、焼き魚、こんな昔からの和食がとても良いのです。

⑦脂分の多い食事は魚から摂る!

いわしsardines-1489626__180
例えば肉でもささみや鳥むね肉、脂身をとった豚肉などばかり摂ると、なんとなく満足できない方もいるかもしれません。
 
 そんな時には魚で脂分を摂ると満足できる事が多いです。
魚の脂は不飽和脂肪酸と呼ばれるもので常温では固まらない脂なので、人間の身体の中でも脂肪になりにくいのです。
そしてタウリンといってよく栄養ドリンクの成分に入っている、元気になるアミノ酸成分は、
コレステロール値を下げる効果があります。
 
DHAといって子供には絶対食べさせたほうが良いといわれるくらい頭がよくなるといわれている成分や
EPAといって血液をサラサラにする効果、骨を丈夫にするカルシウムなど魚は現代人にとってなくてはならないものです。

⑧朝一杯の白湯をゆっくり飲む

kettle-357178__180.jpg

 ミネラルウォーターをやかんなどで沸かして、ぬるま湯になるまで冷ましたら、朝起きてまずゆっくりと飲んでみましょう

昨日までの血液ドロドロが解消されますし、便通に本当に効きます。
私はいつも朝まず白湯飲み、デトックスしてから朝ご飯を食べます
たいてい子供の朝ご飯の支度などが終わる頃にはすっきりしていますが、それでも出ない時には
ストレッチを少し行うだけでも便通がよくなります

⑨野菜を沢山摂る

paprika-1589670__340パプリカ
とにかく野菜を沢山食べること。
ビタミン、食物繊維がとにかく豊富ですし、ミネラル、食物酵素はお肌のためにも野菜はとても重要です。
痩せてもカサカサのお肌じゃ魅力半減してしまいますよね。
パプリカビタミンcが豊富で、ビタミンpと呼ばれるポリフェノールの一種が含まれています。
赤いパプリカは動脈硬化の予防につながります

セロリは、ビタミンB1、B2,B6が豊富に含まれていてカリウムやカルシウムも豊富です

キャベツは胃を守ってくれるビタミンUや、

骨粗鬆症の予防によいビタミンK、βカロチン、カリウムなど身体に良い作用が沢山あります。

食物繊維が豊富なので便通悪くて身体が思い時には、ぜひ生野菜でよく噛みながら食べてみてください。お通じが本当によくなります。

大根は、風邪の予防に欠かせないビタミンCが豊富に含まれており消化に良い消化酵素や食物繊維も沢山含まれているので下半身痩せにはもってこいです 。

下半身痩せしたい方はぜひこの食生活から試してみてください!

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.

yae

ヨガインストラクター, 3児の母です。 コストコ大好きです。週に1度はコストコに通っています。 コストコの商品のカロリーや糖質などを調べる事が大好きなダイエットおたくです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ



コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です